トピックス トピックス
もしも働けなくなってしまったら…どうしますか?

2018/10/17

最近、テレビCMなどでも紹介されている収入保障保険。

今回は、この収入保障保険についてお話いたします。

 収入保障保険とは??

収入保障保険は、被保険者の方が亡くなられた時や高度障害状態になられた時などに保険金が保険期間中毎月お給料のように支払われるもの。(※)

ご家族を支える方に何かあった時、残される大切なご家族が困ることのないように備えることのできる保険です。一時金としてまとまった金額が受取れる終身保険や定期保険とは異なり、長期的に毎月一定の生活費を確保できるというのが収入保障保険の特徴といえます。

 最近の収入保障保険の給付金支払対象になる状態は、死亡・高度障害状態だけでなく一定の障害状態や介護状態になった場合などその対象は広がっています。

※ 保険金のお支払事由は保険会社ごとに異なりますので詳細はご確認下さい。

 

どのような時に備えれば良いの? 

例えば、国の介護保険の対象にならない39歳以下の方。

介護が必要になったり、障害状態になる確率は高齢の方より低いかもしれません。

しかし、生活習慣病の若年齢化によって30代で脳梗塞を患う方も増えています。その場合の後遺症、そしてスポーツ中など思いもよらぬ事故で働けなくなってしまったら、あなたはどうしますか?

 万が一何かがあった場合、治療費や介護費用といった出費はもちろん、お子様の教育資金、住宅ローンなど支払いは引き続き必要になります。

そんなもしもの時のために、しっかりと備えておけばご自身もご家族も、安心できますね!

 

それでは一般的に介護状態になったとき、どれほどの費用がかかるのでしょうか?

介護のために一時的にかかる費用(介護用ベッド、自宅の改修など)は平均80万円と言われています。また、毎月かかる費用は平均7.9万円。これを1年間で計算しただけでも、費用は174.8万円になります。様々な支払が続く中で、出費が増えることは経済的にとても不安ですよね。

そんな時収入保障保険はお支払事由に該当した場合、ご契約時に設定した保険金額を毎月受取ることができ、お仕事ができない間減ってしまった収入をカバーすることができます。

きちんと備えていれば、もしもの時も安心ですよね!ぜひ、ご家族でいざという時に必要な金額を見直されてみてくださいね。

支払事由は保険会社により異なりますので、弊社で取扱っている保険会社につきましてはぜひお気軽にご相談下さい!!

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------- 

ネクストでは、頼れる担当者がいつでも保険に関するご相談を受付けております。

ご自身や大切なご家族の将来に備えた保険、ご自宅や愛車のための保険、お客様の立場になりお話をうかがいます!企業の方のご相談も喜んで承りますので、お気軽にご連絡下さい。

TEL: 03-6272-5688(平日 午前9時~午後 5時) ※もしくはホームページの「お問い合せ」ページをご利用下さい。

ページトップへ