トピックス トピックス
【生命保険】大切なご家族になにを残しますか?

2019/11/14

みなさん、こんにちは!! ネクストの笠原です。

先日、あるテレビ番組で「終活」についての特集がされていました。

私は自分の「終活」についてまだ真剣に考えたことがありませんでしたが、みなさまはいかがでしょうか?

 

「もしも」の時のご準備はできていますか?

 

番組の中で街頭インタビューがありました。ある男性はご自身の父親が亡くなった際、その父親の銀行口座が凍結されとても大変だった記憶があると話していました。

誰かが亡くなった際に、その方が名義人となっている銀行口座は凍結されてしまいます。

それを解除するのがとても大変なんだそうです。口座の中のお金を受取る相続人(お子さんが何人かいるのであれば、誰がどのくらい相続するのかの割合)がしっかりと決まっていないといけませんし、その亡くなった方の出生から死亡までに作成されたすべての戸籍謄本や他にもいろいろな書類が必要な場合があります。

遺言などがない場合、残された財産を誰がどうするのかという家族内のトラブルはよく聞く話です。悲しみに暮れる間もなく、たくさんの問題が山積みに……なんてこともあるかもしれません。

 

残されるご家族のためにいろいろな事を整理しておくのはとても大切なのだと思います。その番組の出演者の中にも、「今、もし夫に万が一のことがあったら、実印の場所も分からない!」と話している人がいました。みなさんはいかがでしょうか。

 

どんなことから始めればいいの?

 

「でも、『終活』って何から始めればいいの?」

「まだまだずっと先のことだから…」

 

なんて方も多いのではないかと思います。

そんな時、生命保険はお役に立つものの一つであると思います。

配偶者の方やお子様、お孫様など大切な人へ財産を残す準備がいつでもできるからです。

みなさんよくご存じの終身保険などは、「死亡保険金受取人」を指定することができます。そうすることで、もしもの時に誰がどれくらい受け取るのか明確になります。

つまり、お金に名前をつけてみなさんの大切な方へ贈ることができるのです。

ご結婚された時、お子様が産まれた時、お孫様ができた時、様々なライフステージの変化に合わせてご検討いただけると思います。

これなら気軽に始められそうですよね!

 

お気軽にご相談ください!

ネクストでは、11社の生命保険会社の商品を取扱っております。

保険会社によって様々な商品がございますが、ネクストではお客様のお話を親身にうかがい、ぴったりの商品をご一緒にプランニング。

ぜひ一度、お気軽にご連絡くださいませ!!!!

 

 

ページトップへ