トピックス トピックス
【医療保険】いざという時、その保障内容で大丈夫ですか?

2020/01/30

みなさま、こんにちは!ネクストの笠原です! 今回は、医療保険に関するお話しです。

 

ご自身の医療保険、どんな保障内容かご存知ですか?

近頃、お客様から医療保険の保険金請求のご依頼をいただく機会が何度かありました。

その中で、ご加入をいただいたのが10年以上前のご契約で、給付金お支払いの対象が入院5日目からになるという保障であったケースもありました。最近の医療保険では、日帰りの入院から保障対象になる商品がほとんどですので、いざという時にお客様に「加入していてよかった」と思っていただけたか考えさせられるきっかけでした。

 

ネクストからお客様にお知らせはさせていただきますが、見直しをするのにお忙しい時期であったり、健康状態が良くない時などお客様の状況も様々です。

それでも、医療事情の変化と共に医療保険の保障内容も変わっていきますのでご契約から長期間経過しているご契約は、一度見直しされることをおすすめいたします!

 

 

見直しのポイント

見直しのポイントはお客様のご不安点やご希望により様々かと思いますが、もし現在のご契約が加入から長期間経っている場合、「手術」「先進医療」に関しては一度ご確認いただいても良いかもしれません。

① 手 術 給 付

 古いご契約のものですと、給付金お支払いの対象になる手術の種類が限られている場合があります。今は、病院からもらう医療費領収証の「手術」項目に点数があれば保障の対象となることが多く対象の幅もぐっと広がっています。

※ 最終的なお支払可否の決定は保険会社が行います。保険会社、商品により異なる場合がありますのでご注意下さい。

② 先 進 医 療 特 約

先進医療とは、高度な医療技術を用いた治療のうち、厚生労働大臣から承認を受けたものを指します。高額なものだと何百万円にもなるものもありますが、治療を受けた場合全額自己負担となります!!

先進医療は古いものですと、そもそも特約が付加されていなかったり、付加されていても保障金額が低い場合があります。

           (20204月には、先進医療の改定がありますがまたそれは次のブログで…)

 

 

 

その他にも…

 

上記の他にも、見直しのポイントはお客様によって様々!!

医療保険に、がんに関する保障を付加できるオプションがあったり、ご不安な点を重視した保障内容にすることが可能です。

 

ちょっと面倒くさいな…と見直しができていないお客様!

 

ぜひネクストにご相談ください。現在の保障内容のご説明はもちろん、丁寧にお話をうかがいます。

せっかくご加入するのであれば、いざという時にしっかり役立つ保険にしましょう!!!

ページトップへ